買い取り制度で太陽光発電導入加速

7月に始まる全量買い取り制度によりメガソーラーや産業用太陽光発電が導入期に入る。

 産業用は大規模化できる上、取り付け工事費も安く、工業団地などであればメガワット

単位の発電も可能。単純な試算だが、耕作放棄地をすべて太陽光発電に転用すると、200ギガワット(発電約200基分)を超える電力量となる。農業法人の事業としても十分魅力がある。