蓄電池付きで欠点克服、来るかメガソーラー第2波

2017/2/21 日本経済新聞 引用

太陽光発電ビジネスは終わっていない――。買い取り価格の大幅引き下げが続き、すっかり下火になったかに見えるメガソーラー(大規模太陽光発電所)の建設。蓄電池の利用で、もう一度、拡大の可能性を試す動きが北海道から始まっている。民間企業が開発した蓄電池付き太陽光発電所が2017年、道内で相次いで稼働を予定している。