住宅ローンの借り換えについて

住宅ローンの借り換えはお得?

住宅ローンの借り換えとは、現在支払っている住宅ローンを他の銀行の住宅ローンにて借り直すことです。その時、現在の住宅ローンの金利より安い金利の住宅ローンに借り換えすることができれば、返済額を減らすことができます。

もちろん、新たに住宅ローンを借りるわけですから、手続き、審査、そして手数料や保証料なども必要となってきます。

手間と労力がかかりますが、支払総額で300万円も下がるケースも珍しくはありません。是非、現在の状況を良く把握した上で住宅ローンの借り換えを積極的に検討されるべきだと思います。

 

『住宅ローンの借り換えを検討した方が得な目安』

①借入残高 まだ1000万円以上残っている

②返済残年数 まだ10年以上残っている

③借りている住宅ローンの金利が 1.5%以上である

上記3つに当てはまるならば、住宅ローンの借り換えをまずは検討してみるべきだと思います。

当サイトでは、様々なケースを元に詳しくお得な方法をご紹介して行きますので、上記条件に当てはまる方は、詳しくお読みください。

「面倒くさいからいいや」と思われ、そのまま放置される方は銀行の上得意様です。銀行が最優先するのは当然ながら銀行の利益です。銀行のするがままに、言われるがままに不利な条件で進められないためにもしっかりと情報を集め、損をしない住宅ローンの借り換えを行ってください。