固定金利と変動金利比較

固定金利と変動金利どっちがお得?

これについては様々な意見がある通り、一概にどちらが良いとは言うことができません。

現在のように低金利が今後も続くのであれば、変動金利がお得ですし、今後急激な金利上昇が訪れるのなら、固定金利がお得ということになります。

もちろん、これについてはどんな経済学者でも予測不可能なことであり、20年後、30年後に結果論として語るしかできません。

ただ、それぞれの特性を十分理解した上で、仮定を立て比較することはできます。

 

融資残高3000万円 残年数30年で比較

まず、融資残高3000万円、残年数30年とした場合の固定金利3.0%と変動金利1.0%の単純比較です。


金 利 月々返済額 総利息額 支払総額 差  額
固定金利 3.0% 126,481
15,533,001 45,533,001 10,796,093
変動金利 1.0% 96,491
4,736,908 34,736,908

上記のように、変動金利が30年間1.0%で行くとするなら毎月の返済額で30,000円も変動金利の方が安く、総額ではなんと1080万円も得することとなります。

しかし「変動金利とは」でご説明した通り、変動金利は上昇する可能性を含んでいます。

では、どの位今後変動金利が上昇した場合に逆転してしまうのでしょうか?

 

変動金利が今後30年で6%まで上昇したらどうなるのか?

変動金利を1.0%で契約し、その後5年ごとに1%づつ上昇し最終的には6%に達した場合、変動金利の返済はどうなるのかシミュレーションしてみました。

変動金利
金利
月々支払額
元金返済額 利息支払額 元金残高
1~5年目 1.0%
96,491
4,396,663 1,392,797 25,603,337
6~10年目
2.0%
108,506
4,151,556 2,359,644 21,451,781
11~15年目 3.0% 118,961 4,224,147 2,914,112 17,227,634
16~20年目 4.0% 127,448 4,641,266 3,004,534 12,586,368
21~25年目 5.0% 133,536 5,512,186 2,497,634 7,074,182
26~30年目 6.0% 136,879 7,074,182
1,131,618 0
合  計 43,309,260 30,000,000 13,309,260

ちなみに30年 固定金利3.0%とした場合の返済は下記の通りです。

固定金利
金利
月々支払額
元金返済額 利息支払額 元金残高
1~5年目 3.0% 126,481
3,328,111 4,260,749
26,671,889
6~10年目
3,865,987
3,722,873
22,805,902
11~15年目 4,490,800
3,098,060
18,315,102
16~20年目 5,216,581
2,372,279
13,098,521
21~25年目 6,059,667
1,529,193
7,038,854
26~30年目 7,038,854
550,006
0
合  計 45,533,001 30,000,000 15,533,001

1.0%で契約した変動金利が最終的に6.0%まで上がったとしても、3.0%の固定金利より総額で220万円安いというシミュレーション結果です。

なぜこのようなことになるかというと、それぞれの5年目までの利息支払額を見て頂きたいのですが、3.0%固定金利の場合には半分以上が利息返済になっており、元金はわずか330万円しか減っていません。

 

そうなんです、この元金の減り具合が大きく影響しているのです。

変動金利の方は後半5.0%、6.0%と固定金利よりはるかに高い金利に上昇していますが、前半で元金を多く返済しているため、総額ではそれでも安いという結果になったのです。

 

しっかりと情報を集めて判断を

よく変動金利をリスクの高いものと決め付けている方がいますが、上記の通り、決してそんなことはありません。

ただ、上記の例の通り、毎月の支払額が上がることは十分想定できます。(だからと言って、初めから支払額の高い固定金利を選べば安心というのはおかしな話ですが・・・)

もっとも賢く、お得な返済方法は変動金利で契約しながらも固定金利のつもりで毎月の支払額を用意し、差額を貯蓄⇒繰り上げ返済という方法ではないでしょうか。

こうすることで元金をより早く返済することになるため、将来金利が上昇したとしても大きなリスクを負うことはないかもしれません。

 

低金利の変動金利と高金利の固定金利、選択に迷ったら複数の金融機関に相談するか、住宅ローンアドバイザーなどのプロに相談し、正確なシミュレーションを元に検討してみてください。