産業用太陽光発電



急速に拡大する産業用太陽光発電

平成24年7月 全量買取制度のスタートを皮切りに産業用太陽光発電の導入が急激に広がっています。

土地、建物、屋根をお持ちの方は是非ご検討してください。

産業用太陽光発電はどのような所に取付出来るのか?

全量買取制度は太陽光発電の場合、10kW以上のシステムに適用されます。

 

【どのくらいの面積が必要なのか?】

配置の仕方にもよりますが、おおよそ70㎡以上あれば10kWシステムの設置が可能です。

 

【どのような所に設置出来るのか?】

既存の屋根を活用する場合

・アパート、マンション、大型施設、物流倉庫など

土地を活用する場合

・空き地、駐車場、山林、畑など

産業用太陽光発電の設置方法

住宅用太陽光発電と違い、産業用太陽光発電の場合は設置場所によって太陽電池の設置方法を検討しなければなりません。

これが現在産業用太陽光発電システムの最も不透明なところです。

 

依頼する業者によって、提案内容も全く違えば金額も倍近く異なることも珍しくありません。弊社では設置個所に合わせて様々な太陽光発電システムの架台メーカーからベストな部材、工法を選び設置プランをご提案させて頂きます。

 

空き地に架台を安価に設置する野立て工法や、ビル屋上の陸屋根に防水工事と合わせて行う基礎工法などコストパフォーマンスに優れ、さらに強度的にも安心な工法をご提案いたします。