産業用太陽光発電はISO14001取得に有利

ISO14001」とは、「環境マネジメントシステム(Environmental management system)」とも言われている、環境改善のための国際規格です。取得する事によって環境問題に対する「法に準拠した積極的な取り組み」をアピールし、他社との差別化を図ることができます。

太陽光発電システムを導入するとISO取得基準の一つであるCO2排出量削減に貢献することができます。

このため、目標達成など太陽光発電システムは制度に大変有利といえます。

これからISO14001」取得を目指す企業、または既にISO14001」を取得した企業にとって産業用太陽光発電システムは利益を上げながら目標達成を図れる最適なシステムです。

企業イメージの向上

全国的な原子力発電所の停止を受け、節電、省エネルギー対策が求められています。こうした状況の中、環境に優しい再生可能エネルギーに取り組む事で社会貢献度のアップをアピール出来ます。

 

現在最も電気不足が懸念されるのは夏場の日中の時間帯です。特に天気の良い日中はエアコンの使用量が跳ね上がる為、大変危険な状況といわれています。

 

こうした中、太陽光発電システムは夏場に強く、日中しかも天気の良い日に最大の発電を行います。まさに、現在の電力不足の救世主といったシステムです。

「節電から発電へ」今後こういった取り組みが企業で広がるのは間違いありません。